皆既月食撮影 コンパクトデジタルカメラ vs デジタル一眼レフ

昨夜の皆さんのブログでも賑わっていた『皆既月食』は、今日はテレビでも様々な特集で放映されてました。
中でもスカイツリーとの組み合わせは大勢の方が写真撮ってましたね^^
昨日の記事でも書いた通り、月の欠け始めから皆既月食の途中までは外出中で
手持ちのカメラはコンデジのキヤノン パワーショット SX260 HSのみ
とりあえずこれで撮影
一応、20倍光学ズームで35mmフィルムカメラ換算の500mmの望遠をカバー
手振れ補正もついてるので月の撮影も不可能ではないのです。
でも皆既月食の時間帯は月自体が暗くなるため、
『ピントがあわない』
『シャッタースピードが遅くなる』
とコンデジでは厳しい状態に^^;
シャッタースピードが0.5秒だったので、車のボンネットに肘をつけて撮ってみると
皆既月食画像 コンパクトデジタルカメラ撮影1
月が4つに!!(笑)
これはこれである意味芸術写真のようでアリかな
コンデジの名誉のために言うと、ブレた原因は車内にいた子供たちが暴れて車が揺れてたためです・・^^;
なので子供たちに息を止めるようにいうと、ご覧のとおり(笑)
皆既月食画像 コンパクトデジタルカメラ撮影2
ちゃんと撮れてます^^
せっかくだからデジタル一眼レフカメラでも撮りたいなーと思いながら帰宅すると、
嫁さんから『途中から慌てて帰ろうとしてたでしょ?』とつっこまれバレバレでした。。
窓を開けると意外と風が強くて三脚を使用して撮影しました。
カメラはキヤノンのEOS 60DにEF70-300mm F4-5.6L IS USMの組み合わせ
ISO 1600でシャッタースピードは1秒
で、こんな感じです。
皆既月食画像 デジタル一眼レフカメラ撮影
立体感があって、星まで写ってます。
ただ星を強調したくて明るさ補正を多めにしてるので月の明るさはコンデジのほうが見た目に近いです。
月の右側にある青っぽい星は、『天王星』です。たぶんですが・・^^;
こうしてみるとコンパクトデジタルカメラのパワーショットがかなり健闘してるような気がしますね。。

スポンサーリンク
google-ads336
google-ads336

にほんブログ村にほんブログ村いつも応援ありがとうございます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google-ads336