明るいレンズの落とし穴

2017-08-25

今年に入って、わが家には高性能デジカメが仲間入りしました。
機種は富士フィルムのXF1です。
なにが高性能?
センサーが一般的な高級コンデジが採用してる1.7型サイズより更に大きい2/3型だということ。
レンズの開放f値が1.8であるということ。
難しく書きましたが、簡単に言うとコンデジの中ではきれいな写真が撮れるということです。
あと大きな特徴として外観がレトロ感たっぷりというところですが、
おしゃれに無頓着な僕にとっては似つかわしくないのかも^_^;
実はヨドバシカメラの福袋の中身だったのですが予想してた機種と違ったのでヤフオク行きか使うか
1ヶ月迷い、下の子が富士のデジカメ使ってるので機能を覚えるために開封しました。
さて肝心な写りですが、開放側で撮ると『おぉーっ!』と思うほど適度に 背景もボケていい感じです。

ところが‥
この開放(f1.8)で使えるのは焦点距離が一番ワイド側の25ミリの時だけです(涙)
見た目と同じ範囲位と言われる50mmでは一番明るくてf4.2です_| ̄|○
この値だと、普段お散歩カメラとして使っていたキヤノンのSX260HSとあまり変わりません。。
このカメラ、標準から中望遠域で背景をボカしたいとか、シャッタースピードをあげるのには適してないですね。
そういう目的のかたはパナソニックのLUMIX LX7とかオリンパスのXZ-2がいいかもしれません。
富士フィルムがよければ上位機種のX10やX20もありますね。
まあ、f1.8-f4.9だったんでそんな気はしてましたが、せめて50mmでf2.8だといいんですけどねー
そうはいっても開封してしまったので、あれこれ触って写真撮ってみます。